Pension/Social Security Agreement  年金協定に関して

 

 Japan has pension/social security agreements with Germany, UK, Korea,USA,Belgium, France,Canada,Australia,Netherlands,Czech,Spain, Ireland,Brazil,Switzerland,Hungary, Italy*and Luxembourg* (*the agreements with Italy and Luxembourg are not yet in force.).

 If you worked and paid pension insurance premiums in the above country and Japan, you have possibility to receive Japanese pension.

You can receive the old-age basic pension at the age of 65 in principle.

 (The Employees's pension insurance and the Employees' pension fund are possible from over 60 years old )

 

年金(社会保障)協定とは、自国と相手国とで二重に公的年金保険料を支払うことや掛け捨てになる問題を解決するために、主に日本と欧米諸国との間で結ばれている協定です。協定が適用されると、両国の年金制度の加入期間(受給資格期間)が通算され、それぞれの国から年金を受給することも可能となります。

日本で数年働いて年金保険料を支払った後、海外で働き現地の年金保険料も支払っている方などは対象となるでしょう。ちなみに、在留証明などで証明できる海外滞在時のカラ期間も、受給資格期間の計算に入れられます。

年金受給権の消滅時効は、5年です(死亡一時金は2年)。

また、平成29年8月1日から、受給資格期間は10年以上に短縮されます。

 

 

ページ上部へ